スタジャンの選び方

スタジャン初めての方

先ずは生涯の財産となるベーシックなスタジャンをお薦めします。ではスタジャンの形選びからします。大まかにセットインとラグラン袖の2つがあります。下記スタジャンを参照してください。ラグラン人気もかなりありますが、基本はセットインです。

スタジャンの種類 形

ボディカラーは特ににこだわりが無ければ、まずはスタンダードカラーをお薦めします。それはネイビーとブラックです。どちらも定番色なので末長く着れて飽きませんので大丈夫です。次に袖革の色です。基本はネイビーボディでしたらホワイトorクリーム、ブラックボディでしたらホワイトorブラックをお薦めします。大人っぽく着たい方は特に黒黒がお勧めです。

定番色 スタジャン オーソドックス

無地スタジャンにするか、装飾されたデコスタジャンにするかはお好み次第です。パッと見でお気に入りの装飾したスタジャンがありましたら即ゲットです。パッと見の一目惚れの感覚は、時間を経てもあまり変わりませんので自信を持って大丈夫です。それと同じを後で装飾すると割高にもなります。

もし一目惚れスタジャンが見つからない場合は、無地スタジャンもいかがでしょうか?ワンシーズン着ていると自分の理想の装飾イメージが生れます。具体的に出来ましたら、それを無地スタジャンに反映させるのも楽しいですよ。当店の無地スタジャンにはあと付けの装飾加工がし易い様に,全てインナージッパーがついていて便利です。世界で1着のマイスタジャンの出来上がりです。オーダーメイドも出来ます。

スタジャン オーダーメイド デコレーション

既にスタジャンをお持ちの方

既にお気に入りのスタジャンをお持ちでしたら、次は少し冒険をしてみるのも楽しいですよ。目立つボディカラーや派手目の装飾のスタジャンはいかがでしょうか? お持ちのスタンダードなスタジャンとの着回しを楽しめます。少し派手かもなあ、と思われるスタジャンも着ますと直ぐに慣れます。そしてスタジャンは派手になれば派手なほど楽しいと感じるはずです。楽しいスタジャンライフの始まりです。 エンジョイ♪ (o^-‘)b

スタジャンの選び方 2着め以降

スタジャンのサイズ選びはとても大切なポイントです。ボトムとのバランスもありますよ。普通のサイズでジーンズ等を履く方は普通サイズで大丈夫です。適正サイズの測り方はスタジャンと身体の間にこぶしが一つ入る位がベストです。詳細はアメリカンサイズ表をご覧ください。また大きめジーンズを履く方でしたらスタジャンサイズも大きめになります。そしていわゆる腰履きをされる方はロングボディがお勧めです。上下全体でもボリューム感が大切になります。やっぱり着てみないと分からないと、いう方は、狭い倉庫兼事務所ですが御試着の方歓迎します。

スタジャンサイズの選び方

ジャストサイズの測り方は握りこぶし1つ分、背広もスタジャンも測り方は同じ
●上着のみぞおち部分を引っ張る
●身体と上着の間に握りこぶしを入れる
●こぶし1つ位がジャストサイズ
●ギリギリ入れば少しきつめ
●余裕で入ればゆったりめ

サイズに困ったら、スタジャンやスーツ等のジャケット類はジャストサイズか少し小さめを、そしてオーバー、コート類は少し大きめをお薦めします。

スタジャン着こなし方

カジュアルウエアーですので自由気ままにエンジョイ♪してみて下さい。以下は皆様から頂いたご意見の1部です。ご参考下さい。(o^-‘)b

スタジャン着こなし

・ ボディカラーとシューズカラーを合わせる
・ スタジャン基本色で全身コーディネイト
・ 愛車バイクのガソリンタンクカラーに合わせています。愛車オープンカーのボディカラーに合わせています。
・ お気に入りのショルダーバッグに合わせています。
・ チノパンとクリーム系袖時皮革はベストマッチ
・ 寒いときはパーカを着込んでフードをマフラーかわりに、東京の真冬はこれで大丈夫です。
・ 北海道ではスタジャンの下にダウンベストを着用しまーす。
・ 現場ではダークスーツの上着を脱いで、代わりに黒黒スタジャンを羽織ってます。お客さんからも好評です。
・ 愛犬がブルドックなので絶対ブルドックスタジャンです。これ着て散歩行ってます。
・ 熊に似ていると言われて家族からベアーズスタジャンをプレゼントされました♪